04/22&23|Aoyama Sake Flea Vol. 6 詳細公開!

 約100種類の日本酒を飲み比べ! 「Aoyama Sake Flea vol6」を開催します

全国の25蔵元の日本酒約100種類を飲み比べられる他、お酒にぴったりな食事を提供する飲食店が集まります。今回は「Little Japan」をテーマに、日本酒を中心とした全国の食文化を集め、外国人にその魅力を伝えられるようなイベントとなっています。実際に日本酒を作つくっている蔵人と直接話しながら、日本酒の魅力の核心に迫ることができます。

イベントでは、約100種類の日本酒を飲み比べられるほか、外国人向けの酒蔵ツアーや、オリジナルのラベルをデザインできるワークショップ、『熱燗・ぬる燗』や『塩 x 日本酒』、『Awa(泡)の日本酒だけを扱ったブース』など様々な日本酒の楽しみ方を提案します。 さらに4月に震災発生後1年となる熊本の酒蔵を応援する目的で、熊本中の酒蔵のお酒も集結。全国の日本酒を飲み比べて、気に入ったお酒は買うこともできます!

IMG_0056

IMG_8544

予定コンテンツ / Contents

01 約100種類の日本酒飲み比べと、日本各地のローカルフードが集結

IMG_0079

クラフトマンシップ溢れる蔵人が全国25蔵から
全国から自慢の日本酒を担いで25の蔵元が青山に集結します。Sake Flea の魅力は何と言ってもこれからの日本酒業界を背負ってゆくクラフトマンシップ溢れる蔵人と、直接お話しながら日本酒を楽しめるところ。酒造りに関する質問や、開発の裏側にあるストーリーを知れる貴重なチャンスがここにあります。

<参加酒蔵一覧>

1 陸奥八仙   (青森)
2 山の井   (福島)
3 仙禽    (栃木)
4 若駒     (栃木)
5 結     (茨城)
6 木戸泉   (千葉)
7 鶴齢    (新潟)
8 文楽    (埼玉)
9 真澄    (長野)
10 よしのとも (富山)
11 手取川 (石川)
12 みむろ杉 (奈良)
13 播州一献   (兵庫)
14 紀土     (和歌山)
15 酒屋八兵衛 (三重)
16 町田酒造  (群馬)
17 awa 酒協会 (東京)
18 青煌    (山梨)
19 鏡山    (埼玉)
20 来福    (茨城)
21 松みどり  (神奈川)
22 津島屋  (岐阜)
23 若波    (福岡)
24 東鶴    (佐賀)
25 熊本県ブース ( たちばな酒店 ) (熊本)

 

IMG_0076 (1)

一歩先を走る日本のローカルフード

日本各地に昔からあるローカルフード。その風土や地域の人々の生活に根ざすことで守られてきた食文化を、料理人と再考し新たな形で表現したブースを作ります。東京の味噌煮込みや大分の鳥天、その他も日本各地の塩など全国各地の日本酒に合わせた各地の食べ物を楽しんでいただけます。 

02 今回の注目出店者

スパークリングワインのような日本酒が集合『awa酒ブース』
iuae.thumbnail
「awa酒」(透明で一筋泡がたち一定のガス気圧を保持する自然発酵の日本酒)のみを扱ったブースがSake Flea に登場します!2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、世界のラグジュアリーな乾杯シーンで日本のawa酒がシャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在になることを目指し、品質・技術向上を図り、普及を進めているawa酒協会が協力。これまで発砲した日本酒を飲んだことのない方はもちろん、日本酒自体まだ馴染みのない方も、一度は試して頂きたいお酒が集結。自然発酵のやさしく上品な泡立ちを、是非ともお楽しみください。

 

日本酒を飲んで、熊本を応援『熊本の地酒ブース』

DSC_0483
熊本県の地酒を、地酒専門店「地酒処たちばな酒店」が代表してご紹介。2016年4月熊本を襲った大震災。大きな被害をもたらしました。あれからはや一年、離れた場所にいると、つい一区切りついたと思ってしまいますが、まだまだその爪痕は残っており、元通りの熊本には戻っていないのが現状です。そんな中で、被害を受けた蔵元も、いま、熊本の良さを伝えてくれるような素敵なお酒を生み出しています。今回は、地元を盛り上げて、いち早く本来の元気な熊本に戻ってほしいと願うたちばな酒店が熊本地酒の魅力を伝えます!


03 ユニークに日本酒を楽しめるバー 『塩 x 日本酒』

17500332_10210545022399330_1777389799_o

 一般的に、人が感じる旨みセンサーには大きく分けて5つあると言われていますが、日本酒にはそのうちの4つの味わいが包括されているといいます。なんとその最後を埋めるのは塩味。 そのため、塩と日本酒が合わさると5つの味わいが完成し、パーフェクトな味わいが生まれます!今回の塩×日本酒ブースでは、日本国内を中心に世界からの塩も集めご自身で4種類ほど選んでいただきます。 味わいチャートをもとにどんな日本酒に合わせたいか、聞いてみてください。蔵元エリアからも塩をチョイスする予定ですので様々な角度から楽しめます!もちろん、気に入ったお塩は購入することもできます。 あなたのベストオブソルトを見つけてください!


04 英語に堪能な唎酒師の蔵元ツアー”Aoyama Sake Hopping in English”
a1dcbedb79af20c338782e863fcc37e5
    

IMG_8507

Talk directly with Japanese sake brewers and taste yummy sakes!

AOYAMA SAKE FLEA vol.06 is the 6th sake tasting event series held next to AOYAMA Farmer’s Market at United Nations University. 25 Japanese sake breweries and 10 special food shops will get together.

Yes, it’s a golden opportunity for sake hopping!

This is an official Sake hopping tour of AOYAMA SAKE FLEA vol.06.

We set 4 time slots as below:
(1) Sat. 22 April 2017, 1130am – 1230pm
(2) Sat. 22 April 2017, 2pm – 3pm
(3) Sun. 23 April 2017, 1130am – 1230pm
(4) Sun. 23 April 2017, 2pm – 3pm
The capacity per slot would be 6.

We will talk directly with 6-7 Japanese sake breweries and taste 7 cups of sake and light sakana (appetizer) pairing.

Pls come to the meeting place 5 mins before and tell the staff your name.

 

飲み比べチケット -約100種類の日本酒を飲み比べ-

 

 スクリーンショット 2017-03-30 17.48.55

 

 

スクリーンショット 2017-03-30 17.49.08

 

 

Information

Aoyama Sake Flea とは

伝統を重んじながらも、新しい世界を拓いている日本酒の世界を楽しめるイベント。AOYAMA SAKE FLEA は今のライフスタイルにあった『美味しい・楽しい・面白い』日本酒を、世界に向けて蔵元さんと共に発信 していきます。第 6 回を迎えた今回は、まだ味わったことのない若者や海外の人に届けるために、日本酒の 新しい楽しみ方やペアリング、英語の酒蔵ツアーを実施します。

名称;「Aoyama Sake Flea Vo.6」
日時;  2017年4月22日(土)~23日(日) 10:00~16:00
会場;  国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前 5-53-70)
           ※ Farmer’s Market @ UNU と同時開催!
料金;  入場無料
来場;  約 2.0 万人 / 日(前回実績・Farmer’s Market との合算)
主催;  渋谷青山通り商店会
共催;  NPO 法人 Farmer’s Market Association
      Media Surf Communications Inc.

*コンテンツならびに出店者は予告なく変更になることもございますのでご了承ください。

IMG_0081

sakeflea-23

IMG_0096
sakeflea3-19

2017.3.30

ニュース