今週の出店者
Farmers Market @ UNU|2020年12月5日/2020年12月6日


今週のオススメ

出店者

愛媛コンビで初出店 MATUYAMAみかん&ethnic green farm廣川農園|日曜

MATUYAMAみかんさんは、愛媛県の道後で「まどんな」「甘平」「せとか」「不知火」「伊予柑中晩柑」を主に栽培しています。当日は、今が旬の「恋まどんな(紅まどんな)」を持ってきてくれるそう。なんとも可愛らしい名前の品種です。

愛媛県東温市で、化学肥料や農薬を極力使用しない農業、加工品作りに取り組まれているethnic green farm廣川農園さん。おすすめは国産・無添加のチリソース「SAMBAL ANCHOVY&CHILI SAUCE」、香り豊かな「パクチー」、カレーや炒飯、エスニック料理に最適な「香り米 プリンセスサリー」の3品。これが揃えば、本格エスニック料理を楽しむことができます。

特にチリソースは、「もっと身近にエスニック調味料を楽しんでもらいたい」という思いから作った万能旨辛調味料。使い方は、焼肉・たまごかけご飯・冷奴・唐揚げ・鍋の薬味として等、辛味が欲しい時にそのまま付けて食べるのが◎ 他には、焼きそば・チャーハン・らーめん・炒め物など料理の隠し味にお使い頂けます!と、元シェフならではのおすすめ情報満載です。

詳細はこちら

出店者

「いぶりがっこ」知ってますか? 三吉農園|両日

秋田県仙北市田沢湖で「あるものを活かす農業」をコンセプトに、農薬や肥料を使わない野菜作りや、秋田伝統の漬物「いぶりがっこ」をつくっている三吉農園さん。

秋田は年間を通して日照時間が少なく、雪深く冬が長いからこそ発展してきた発酵食品や保存食の漬物・お味噌など、食の魅力がたっぷり。三吉農園さんは「自然でたくましさ溢れる美味しさを皆様にお届けしたい」と、そんな想いで日々取り組まれています。



一押し商品は「自然栽培いぶりがっこ」。
いぶりがっことは、秋田県 県南地方発祥の、大根や人参を桜やナラの木で燻してから漬けた伝統的な漬物のこと。特に三吉農園のいぶりがっこは、余計なものを使っていないシンプルで自然な味。そのまま食べても、チーズを合わせて食べても、ポテトサラダやタルタルソースに混ぜて食べても主張しすぎない味わいは、飽きずに楽しめるのだとか。

中でも今シーズンのタルあげ第一号の、「いぶりがっこビール漬け」は特にオススメ。他にも、「いぶりがっこふりかけやいぶりがっこタルタルなど、いぶりがっこ応用シリーズも多数お持ち致します!」と代表の加藤さん。ぜひご賞味ください!

詳細はこちら

出店者

独自の発酵飼料で育てたウズラの卵。静岡・浜名湖ファーム|両日

ヨーグルトのような香りのする、竹由来の発酵飼料を餌に与えることで、ウズラたちの腸内細菌を活性化させ、病気にも強い体づくりを行なっているという浜名湖ファームさん。浜名湖ファームさんのウズラは、濃厚でありながらもさっぱりとした後味が特徴的。

ウズラの卵と言えば茹でたフライの卵でしか食べたことがない人がほとんどではないでしょうか?ぜひ今回は、ウズラ農家の届ける卵を生で味わってみてください。オススメの食べ方はしらす丼。釜揚げしらすをあたたかいご飯にたっぷりのせて、そこにうずらの卵を5~6個(ニワトリの卵1玉分に相当)ほど割って入れれば、醤油も塩も使わずとも美味しい濃厚なしらす丼の出来上がり。

詳細はこちら