茨城/潮田農園

茨城/潮田農園

10年の研究の末辿りついた『究極のニンジン』
 
『究極のニンジン』。あるお客様が、潮田農園のにんじんジュースを飲んだときに、言ってくれた言葉だそう。というのも、市販のにんじんジュースには、りんごなどの果物を入れているように、にんじんだけではアクが強すぎて、なかなか飲めないものだそう。だけど、今のにんじんを育てられるようになるまでは農大卒業後、10年もの試行錯誤があったのだとか。ちなみになぜにんじんだったのか?その問いに、潮田さんは次のように答えてくれました。「にんじん嫌いな人が、こどもをはじめ大人でも多くいる。そういった人たちに、本当に美味しいにんじんを食べてもらいたかった。そしてそんなにんじんを、自分が育てようと思ったんです」。
  
もともと農大で、微生物の研究をしていたという潮田さんは、その土地にいる土着菌を活用し、農業を行っていたそう。現在でも、自ら菌の培養をし、農業に役立てていると言います。というのは、土地によって合う野菜、合わない野菜があるため。その土地に合った菌を活かすことで、育てる野菜はよりその環境に適用していくのだそう。そのことによって、野菜自らが必要な栄養素を土から吸収するので、肥料などを与えなくてもしっかりと育つようになると言います。
 
だから今は、ミネラルを含む天然岩石の粉を土に入れる以外余計なものは加えていないのだとか。ちなみに、ミネラルを土に入れるのは、アクが出ないように育てるため。土着菌の活用や、天然岩石のミネラルを使用することで、ようやく今のにんじんを育てられるようになったそう。そして今では、10年分の栽培データを基にすれば、「にんじんをこの間隔で、このように育て、この量の肥料やミネラルを与えれば、この味になる」といったコントロールも、不可能ではないのだそう。
 
研究と分析の末、年間を通じて、安定的ににんじんを届けてくれる農家、それが潮田農園さんです。

栽培方法 水耕栽培 土耕栽培
肥料 化学肥料 有機肥料(購入) 有機肥料(自家製) 無肥料
雑草対策 除草剤 手刈り 放置 その他
病害虫対策 殺菌剤 殺虫剤 手潰し その他
種苗会社より購入 自家採種