セーブ・ザ・オリーブ

セーブ・ザ・オリーブ

オリーブの原産地、パレスチナオリーブオイル
セーブ・ザ・オリーブは、パレスチナの人々の経済的・社会的・精神的シンボルであるオリーブの木を守りたいとの想いから、2003年に生まれたプロジェクトです。パレスチナは、オリーブの原産地であり、栽培の歴史は6000年以上にも遡ります。そしてその味わいは、黄金を飲むようなものとして、古来より名を馳せてきました。使用するオリーブは農薬や化学物質などは、栽培から加工まで一切不使用。現地での加工が難しい場合は、日本の品質基準に合うよう、日本で加工しています。輸出向けの商品ではなく、現地の農家の庭先で食べる味わいを志向しています。