静岡/益井園

静岡/益井園

『15種以上の煎茶や発酵茶。食事に合わせたお茶の楽しみ伝えるお茶農家』

食事が変われば、飲むお茶も変わる。静岡県の川根でお茶農家を営む『益井園』の益井さんは「食の多様化と共に、お茶もそれに合わせて変わることで、より食を豊かにしていきたい」と考えているそう。例えば緑茶、紅茶、ウーロン茶。もとを辿れば同じ茶葉ですが、発酵度合いの違いによって、味や香り、煎れたときの色も異なります。
 
その、煎茶から発酵茶までつくる数少ないお茶農家である益井さんは、食事に合わせた幅広いお茶の楽しみ方と、魅力を伝えてくれる、正にプロフェッショナルな存在。茶葉の種類、発酵度合いを変えて加工してつくり上げる茶葉は15種以上にも及びます。(販売している紅茶のうち三種が品評会入賞する、本格日本産紅茶)
 
「どの食事にどのお茶を合わせようか?」、「この食事にはこのお茶が合いそうだな」。話しを聞いて、飲んで、そんな風に想像して、選んでみる。『益井園』さんのつくる種類豊富なお茶は、食事の時間をより楽しいものにしてくれるはずです。

  • 栽培方法
  • 肥料
  • 雑草対策
  • 害虫対策
  • 種