静岡/まめったい農園

静岡/まめったい農園

東京から移住し農業に挑戦
 もともとは東京の片隅、都市開発の始まった地域に住んでいた永島一家。2012年にのびのびと豊かな自然に囲まれた、静岡の伊豆へと家族4人での移住を決めた。そこで出会うおじいちゃん、おばあちゃんの元気な姿、隣の畑のおじいちゃんからもらった有機野菜の美味しさ。それを美味しそうに食べる子どもたちの姿を目にして感動し、農業を始めるまでに至った。
 
日本で一番標高差をもつ県とも言われる静岡だが、まめったい農園のある下田市稲梓(いなずさ)相玉(あいたま)地区は気温差もあり、山の水にも恵まれている。「まめったい」とは静岡の方言で「まめまめしい」ことを指し、園主である永島さんの息子さんが畑をまめに手伝うと近所の方に言われたことから名付けたそう。
 
 
古民家を改装。露天風呂さえも自分でつくってみる
 元々は建設業で仕事をしていたという永島さんは農業経験は全くなく、完全に独学で農業を始めたという。山を借りて自ら建設機器を稼働して開墾したという土地は、ちょうどいい土壌で初年度からしっかりした野菜が採れたそうだ。建設業と農業はものをつくるという部分で共通しており、試行錯誤しながらも毎日楽しんで畑に出ている。そのまめったさは農への興味だけに収まらず、家も古民家を改装し、自らの手で露天風呂まで作ってしまったという。
 
 永島さんは農薬・化学肥料を一切使わずに、露地での栽培にもこだわりを持っている。近年は糖度の高いトマトやニンジンなどが多く出てきているが、露地で陽の光と雨を浴びて育つ、野菜らしいの味のする野菜を育てたいという。「自分たちも安全で、美味しいものを食べたい。皆さんにも安全で美味しいものを食べてもらいたい」そんな思いで、農薬・化学肥料を使わずに一つひとつ丁寧にまめったく栽培をしているのだ。
 
 
DSC00183_Fotor

  • 栽培方法
  • 肥料
  • 害虫対策