千葉/くくりの森

千葉/くくりの森

有機農業に30年以上取組む、齋藤さんから学ぶ土づくり
「お店でキレイなお姉ちゃんとお酒を飲んで話すのと同じくらい、堆肥の上は気持ち良くて、ずっと作業をしていても、全然疲れないんだよ、本当に」。そう笑顔で話してくれたのは、30年以上も前から有機農業に取組み、堆肥づくりを行っている齋藤さん。お酒と女性と孫と、そして何より農業が大好きだという。きのこ、籾殻、コーヒーかすなどを混ぜて、独自につくられる齋藤さんの堆肥を『くくりの森』さんでは、農業をはじめた当初から使い続けている。使っては足し、使っては足し、「30年間一度も山が無くなったことがない」というその堆肥は、くくりの森の飯島さん曰く『秘伝のタレ』のようなものだという。「化学肥料や農薬を使わずに、微生物が生きやすい環境を整えてあげることが大切」と語る、齋藤さんに学ぶ土づくりが、全ての野菜の基礎になっている。
 
IMG_0050IMG_0052
(右上、下:齋藤さんが30年以上つくり続けている独自の堆肥と、その山/左上:笑顔でに堆肥について語る齋藤さん)
IMG_0044
   
実は、にんじん以外の野菜もおすすめなんです
マーケットで飯島さんのブースには、「ひとみ五寸」という品種の、色鮮やかなニンジンが並ぶ。『自分たちはにんじんに自信があるから』と、自慢のにんじんをいつも持って青山にやってくる。なので、既に「くくりの森」さんのことを知っている方にとっては、そのイメージが強いかもしれない。だけど、「実はそれだけ育てているわけではなく、他にも美味しい野菜はあるんですよ(笑)そっちもおすすめしたい」と笑って話す飯島さん。例えば、千葉県の名産・落花生の中でも最高品種として有名な、『千葉半立』。甘み、香りが他の落花生と比べて強い品種で、農薬や肥料を使わずに育てられるのは、全国でも数少ないそう。他にもカブは、生で食べても甘く、焼いて食べると更に甘みが出る、ぜひ食べて欲しい野菜の一つ。
   
IMG_0039IMG_0084
(右:殻を割り、種蒔き用の落花生を取り出す作業/左:にんじん以外のおすすめ野菜のカブ)
   
形、味、色の3つが自分の理想通りの野菜が育ったときが一番楽しい
飯島さんにとって、農業に取組む中で、一番楽しい瞬間、喜びは、自分の理想の野菜が育ったときだそう。「本当に良いものが育ったときは、興奮しちゃいますね」と教えてくれました。ただ、今はまだ、その出来に関しては運任せ。「それを自分の思い描くように育てられるようになりたいですね。そうしたら絶対もっと農業が楽しくなると思うんですよ」。それが飯島さんの今後の大きな目標の一つ。
   
IMG_0069
(にんじんの葉に止まるてんとう虫)

栽培方法 水耕栽培 土耕栽培
肥料 化学肥料 有機肥料(購入) 有機肥料(自家製) 無肥料
雑草対策 除草剤 手刈り 放置 その他
病害虫対策 殺菌剤 殺虫剤 手潰し その他
種苗会社より購入 自家採種
メッセージ

有機肥料は、コーヒーかす、茶殻、籾殻、落花生の殻、などがメイン。病害虫対策は、ほぼ放置をしていて、品目によっては、防虫ネットなどをかけて、病害虫対策としています。