沖縄/アララガマ農園

沖縄/アララガマ農園

沖縄県八重山諸島。本島との距離は約400kmあり、気温差は3℃以上あるため、一ヶ月早い収穫が可能になるのだそう。その暖かな気候により糖度を蓄えられるパイナップルにとって、八重山は適しただと言います。
 
植え付けから収穫までには2年もの月日を要し、しかも一つの株から収穫できるのはたった一玉。肥料も収穫の1年前から全くたさずに、パイナップルそのものが持つ自然の味を極限まで引き出しています。南国の太陽をじっくり蓄え、ギリギリまで熟度を上げたピーチパインです。
 
a30ccfdd-3fb3-4f1f-8fcd-314875b40a23