梅古庵

梅古庵

約1400年前に遣隋使・遣唐使により伝えられ、紅花染めの媒染料として古来から染色に使用されている「烏梅」。明治以降、化学染料の普及により烏梅の需要は激減し、戦後烏梅づくりを行う最後の一軒となった梅古庵さん。その梅畑は奈良の月ヶ瀬にあり、700年間変わらない製法で烏梅を作っています。

烏梅を媒染料とした紅の色は鮮やかで美しく、化学染料では出すことのできない色。薬膳茶としても利用されています。梅古庵の中西さんは、「伝統技法を守り美しい色を染める染色家の思いを大切に、そして『天神さんをお祀りするつもりで、売れても売れなくても梅を焼け』という家訓を守り、最後の一軒になろうとも烏梅を焼き続けています。

趣味はキャンプ。