【Report】森林火災が続くオーストラリアのために、できることを。「Pray for Australia」

昨年より森林火災が続いているオーストラリア。
日本にいる私たちにも何かできることはないか?と、シェフの森枝幹さんからご相談いただき、寄付を募るチャリティ炊き出し「Pray for Australia」を開催しました。

チャリティの趣旨に賛同してご厚意で分けてくださったヨダファームさんの野菜と、シャルキュトリ・ア・トキオさんのベーコンをぜいたくに使用した、根菜たっぷりのスープができあがりました。

 

 

集まった107,365円に加えて、当日はMakana Cooking Salonさんがご自身のブースでチャリティポップコーンを販売してくださり、そちらの売り上げと合わせて合計132,182円をオーストラリアの赤十字社を通して寄付いたしました。ご協力ありがとうございました!

また、今回の炊き出しではマイ容器・箸の持参を事前にお願いしていました。
マグカップやお椀、魔法瓶など、お気に入りの容器を皆さんに持って来ていただいたおかげで、出るごみの量を減らすことができました。

 

 

今後もファーマーズマーケットでは、定期的にチャリティ炊き出しを開催していく予定です。
次回は2月2日(日)、引き続き森枝シェフと、ファーマーズマーケット発の食メディア「APPETITE」の共同で行います。マイ容器とマイ箸をご持参の上、ぜひお立ち寄りください!

 

文・写真 松丸里歩
ープロフィールー
Farmers Marketスタッフ。愛称はまっちゃん。大阪出身・ロンドン留学という経験もあり、都市での循環やつながりのデザインに興味がある。ワークショップを企画したり農家さんとコミュニケーションを取ったりしながら、その可能性を楽しく探究中。


サポーター