【Report】1年の終わりに美味しい料理をふるまう「FOOD TO THE PEOPLE」

年末の恒例行事、「FOOD TO THE PEOPLE」を開催しました!
1年の感謝の気持ちを込めて、年内最後のマーケットにいらしていただいた皆さんに美味しい料理を振る舞いました。

旅する料理人の三上奈緒さんと、農園ヘヴンとしてマーケットにも出店している料理人の小川拓真さんには、前日のマーケットで売れ残った野菜で具沢山の豚汁やトマトスープを。

また、カタネベーカリーBricolage bread & co.GARDEN HOUSE CRAFTSにはご厚意でパンをご提供いただき、窯でリベイクしたりジャムをつけたりして皆さんに食べていただきました。

 

 

当日のコンテンツの中でも特に盛り上がっていたのが、いつも出店していただいている浅煎り珈琲豆専門店 イーストの畠山さんによる餅つき。子どもや海外からのお客さんなど、みんなで交代でついたお餅を色とりどりの大根おろしやずくだせ農場のお醤油と一緒にいただきました。

ずくだせ農場さんはその場で醤油をしぼるワークショップを開催し、その時に出る醤油かすでも野菜の漬け物を作ることで余すことなく味わいました。

 

 

お越しいただいた皆さま、当日の料理の提供などにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

今回のFOOD TO THE PEOPLEでは合計55,997円のドネーションが集まり、運営費をまかなうことができました。
今年も心地良いマーケットを皆さんと一緒に作っていければと思っているので、よろしくお願いいたします!

 

 

 

動画・写真 奥野剛史

文 松丸里歩
ープロフィールー
Farmers Marketインターン。愛称はまっちゃん。大阪出身・ロンドン留学という経験もあり、都市での循環やつながりのデザインに興味がある。ワークショップを企画したり農家さんとコミュニケーションを取ったりしながら、その可能性を楽しく探究中。


サポーター