【10/20】SDGsへの挑戦/目標13「気候変動」

※ ファーマーズマーケットが行われている国連大学でのシンポジウムのお知らせです。

SDGsへの挑戦/目標13「気候変動」

小さな島々から国土が構成される島しょ濃くは、気候変動に伴う海水面上昇によって、国土侵食の危機にさらされています。太平洋に位置し、33の環礁から成るキリバス共和国でも、その危機は、深刻なスピードで進行しています。

本シンポジウムでは、キリバスきょうわこく の気候変動NGOや行政機関等によるほうこく や、UNU-IASによる取り組みの紹介を通じて持続可能な開発目標(SDGs)の目標13『気候変動』および気候変動枠組み条約における「パリ協定」の達成に向けて、どのようなパートナーシップが必要かを考えます。


【日時】2017年10月20日(金)14:00-17:00
【場所】国連大学エリザベス・ローズ国際会議場(5F)
【住所】東京都渋谷区神宮前5丁目53-70
【詳細】https://ias.unu.edu/jp/events/upcoming/climate-change-kiribati.html#overview


プログラム(予定)
開会あいさつ:竹本和彦 UNU-IAS 所長

講演① 「キリバス共和国とは?キリバスと日本との意外な関係」
ケンタロ・オノ キリバス共和国 名誉領事館 名誉領事・大使顧問

講演② 「気候変動問題の最前線キリバスからの報告」
メーレ・リーワタ KiriCAN理事長

講演③ 「気候変動問題に対するキリバス共和国のエネルギーの取り組み・責任のある国際社会の一員として、そしてキリバス共和国を守るために」
キレウア・ブレイモア キリバス共和国 インフラ・持続可能なエネルギー省

講演④ 「気候変動対策の国際的な動向とUNU-IASの取組」
リザンヌ・グルエン JSPSーUNUフェロー

パネルディスカッション 「国際的なパートナーシップで気候変動問題(SDGs目標13)にどう取り組むか」

モデレーター

星野智子 環境パートナーシップ会議 副代表理事
パネリスト

ケンタロ・オノ
メーレ・リーワタ
キレウア・ブレイモア
リザンヌ・グルエン
トアキ・アリノコ KiriCAN理事・技術顧問


 

2017.10.11

ニュース