新しい雑誌「NORAH」が創刊しました!

都市における食や農の在り方をさらに掘り下げます!
青山ファーマーズマーケットから新しい雑誌「NORAH」が創刊!都市生活における食や農のあり方を探求する青山ファーマーズマーケットの姿勢を、さらに多様な視点から深めていくためのプロジェクトがスタートします。下記で購入できますので、是非ご一読ください! http://norahnorah.jp/ 
 
book-600x810
 
創刊号の印刷版『NORAH』は、ここで買えます!
246 COMMON / NORAH STORE / 青山ファーマーズマーケット(土日のみ) / みどり荘(平日のみ)
 
創刊号(Season1: Summer2013)のテーマは「ノラシゴト」
自然とともに、季節を感じながら働くこと。太陽の下で、風を感じ、そして雨にも濡れる「ノラシゴト」。窓を閉め切った部屋のなかでは感じることができない、その素晴らしさを探ります。
 
コンテンツ:「ノラシゴト」 太陽と雨 奥田典子/Sauvie Island Organics/Farmer’s Market @ UNU/FARMERS MARKET PORTLAND/城ヶ島/MIDORI.so/THE UNION CABIN/FURUYA PLANTS/POMPON CAKES/CORI./246 COMMON/TOMATO from TOMATINI/BLOODY MARY/MOJITO/MINT from Jacob Reiner Earth Embassy/MINT/山菜と青い池/Sibylle Stoeckli – Global Design Research/The Swedish koloniträdgård/kuki’s GRANOLA GRANOLA/film / life / and the food/N. G. R./Senna Chanel Chen/1946 OLD FARM LAND
 
創刊号は2,000部限定販売!
季刊誌/B5サイズ(縦257×横182mm)/112ページ/フルカラー
 
421239_141626179362350_55584145_n
 
印刷余り紙などを使用し、12パターンの組み合わせが。
印刷用紙には、印刷会社でどうしても出てしまう余り紙や紙のメーカーで売れ残っている紙を主に使用しています。そのため中身の紙はバラバラで、計8種類の紙で構成されています。その組み合わせのパターンは2種類。そして表紙には6種類の紙が使われており、中身の組み合わせが2種類、表紙が6種類の計12パターンが存在します。写真の印象など、それぞれが持つ風合いがあり、自分の好きな組み合わせを見つけてみてください。この印刷・製本は藤原印刷株式会社との既存の印刷手法を見直して、新しい可能性を探っていこうという実験的要素の強いプロジェクトです。
 
ウェブとイベントを組み合わせた動きが「NORAH」です。
印刷版「NORAH」のコンテンツを違った視点から、さらに広い視点で捉え、発信していくウェブサイト(norahnorah.jp)を準備中です(6月末オープン予定)。今後、メイキングはもちろん、動画なども配信するとともに、NORAH視点でセレクトしたウェブストアもオープン予定です。そして、食や農、さらにそれらを取り巻く文化に関連する書籍を集めた NORAH BOOKS も青山ファーマーズマーケットに登場。紙、ウェブ、イベント、それらの関係性全てを「NORAH」と呼びます。

2013.9.12

ニュース