【NEW】開催休止延長と、オンラインを活用した共同購入&ピックアップの実験的取り組みのご案内/Extension of Market’s Closure and New Cooperative-buying Scheme

いつもお世話になります、ファーマーズマーケット事務局です。

先日、政府から発表されました5月31日までの緊急事態宣言の延長に基づきまして、マーケットの休止期間もやむなく延長(休止期間:3/28(土)~5/31(日)まで)の判断となりましたので、ご案内いたします。ファーマーズマーケットは6月の1週目の再開を目指して、引き続き国連大学と協議を進めていきます。

それに伴い、以前からご案内をしておりました、レジ袋の廃止時期についても、マーケットの再開から1ヶ月後を予定しております。再開後は引き続きマイバッグ持参のご協力をお願いいたします。

現在以下の注文受付一覧にて各出店者さんの受付情報、ならびに国連大学からも徒歩7分ほどの表参道・COMMUNEにて平日含め常設のマーケットゾーンにて野菜の販売を行っております。

In response to the government’s decision to extend the statement of emergency to 31 May, we regret to announce that the reopening date of the farmers market will also be postponed. We are discussing with United Nations University and observing the situation in hope of reopening our market on the first weekend of June.

As for the banning of plastic shopping bags at the market which was planned to start in April, we are going to enact the policy one month after our reopening. Once the market is back, we encourage our customers to bring their own bags for shopping.

If you’re struggling to receive fresh vegetables directly from producers during the market’s closure, check the list below to see the market vendors who take orders online.

Some of them are also offering their produce daily at the farmers market zone within COMMUNE in Omotesando.

___
▼▼各出店者さんごとの商品注文方法のご紹介|Online available Farmers Produce▼▼
http://farmersmarkets.jp/neverendfarmersmarket/

▼▼COMMUNE出店者一覧|Vendors at COMMUNE▼▼
https://commune.tokyo/
___

Farmers support our society.

また、オンラインを活用した共同購入&ピックアップの実験を新たにスタートしていきます。

We are also creating a new scheme of cooperative buying and pick-up by using an online platform.

 

今回のCOVID-19の感染拡大を受け、都市で生活する人々は身の回りの環境や状況を見つめなおし、農家さんをはじめとする皆さんに自分たちの食生活、暮らしが支えられていたことに改めて気づいたように感じています。買い占めが起こると、生きていく上で欠かせない食べ物も手に入らなくなってしまうという現状。常日頃からみんなが支え合える関係性を築いていくことが、いかに大切なことなのか。

これからのファーマーズマーケットでは、野菜を作る人と、受け取る人が、より強く、直接のつながりを作れるようにサポートをしていきたいと考えています。その方法の一つとして、今回の共同購入&ピックアップの取り組みをはじめます。まずは国連大学にもほど近い、表参道のCOMMUNEにてお客様に事前に注文頂いたものの受け渡しから始めます。

The spread of COVID-19 has made many city dwellers, including ourselves, realise how our diet and lifestyle rely on producers and other food makers. More than ever, we acknowledge the importance of building firm relationships between producers and consumers through which we can help each other.

From now on, the farmers market aims to support people to build such relationships that are strong and direct. The new scheme is one step towards this goal.

We will start experimenting with the scheme by setting COMMUNE, a location in Omotesando close to UNU, as the first pick-up point for cooperatively buying farmers’ produce.

 

同じく、既にファーマーズマーケットで関わり合いの深いシェフをはじめとする方々も、同様のことを進めており、彼らからも手助けの声も届いているので順次各地へ展開してゆきます。マーケットの再開に向けて動きながらも、様々な場所で農家さんの野菜や果物が手に届き、かつ、それを通して強い繋がりのある地域のコミュニティ作りをしていくこと。

最終的には全国各地が日々マーケットになるような、そんな状況をイメージし、取り組んでいます。どうぞ皆さまとも力を合わせてこの状況を作って行けたらと思います。詳しい情報は決まり次第、WEBやSNSにてお知らせしていきます。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

As well as working hard to reopen the market, we are taking action to make fresh produce available in local communities. With help from amazing people like chefs who have close relationships with the market, we are planning to increase the number of pick-up points so that more people will have access to good food. We hope that, ultimately, there will be market-like places every day everywhere.

Together we are creating a flow of good produce directly from farmer to consumer and chef.
Stay tuned for the detailed information on our new pick-up scheme!

---
2020.5.7

ニュース