【重要なお知らせ】11月21日(土) から、国連大学にてファーマーズマーケットを再開します!

いつも青山ファーマーズマーケットにお越し頂きありがとうございます。

青山ファーマーズマーケットは新型コロナウイルスの影響で3月末に開催休止した後、8月22日より国連大学のお隣の青山オーバルビル前にて縮小規模で再開し、毎週末マーケットを開催してまいりました。

この度、11月21日(土)より通常会場の国連大学前にて再びファーマーズマーケットを開催する運びとなりましたので、ご案内させて頂きます。

 

 

開催概要

日時:11月21日(土)から、毎週土日10時から16時

会場:国際連合大学前広場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

 

3月末の開催休止から、本当に長らくお待たせいたしました。

引き続き国連大学本部としての活動を自粛している中、マーケット再開の後押しをしてくださった関係者の皆さま、そしてこの間にも場所を提供してくださったオーバルビル関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

長い休止は私たちにとっても辛い出来事でしたが、その間にも、多くの方々が農家さんと直接連絡を取られ、お野菜を注文するだけでなく、何かサポートできないかと行動してくださったということを耳にしました。

ファーマーズマーケットという場を運営しているだけでなく、場に関係なくお互いを気遣える関係性を紡ぐことに一役買えていたのかもしれない。それは私たちにとって先が見えない中での希望でしたし、自分たちの役割を再認識する出来事でした。

当たり前にあって普段は意識することのない、水や太陽、土といった自然があり、そこに立つ作り手の方々がいてこそ、私たちの生活があると考えています。この関係性が、どこかから来て、どこかへと消えてしまう「消費」に終わるものではなく、一粒の種から多くの実りがもたらされるように、より良くなっていく「循環」になることを目指して。時代に合わせて柔軟に、これからも皆さまとコミュニティとしてのファーマーズマーケットを育てていけたらと考えています。目指すは100年です。

 

なお、マーケットでは引き続き、消毒液の設置やマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など、感染予防対策に取り組んでまいります。地方からいらしてくださる農家さんたちは東京とは違う感覚の日常に身を置いているのが現状です。ご来場の皆さまもご協力をいただけますと幸いです。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

Farmers Market @ UNU

 

 

*   *   *   *   *
 

8月22日より、プラスチック製レジ袋を原則廃止しました

お客様にはマイバッグの持参をお願いするとともに、忘れてしまった方には循環するエコバッグ「Boomerang Bags(ブーメランバッグ)」を貸し出しております。

この取り組みを継続させるため、ご家庭や地域で持て余しているエコバッグ・紙袋を集めています!サイズに指定はありませんので、マーケットのお買い物に使えそうなバッグがあればぜひお持ちください。会場内、緑色のINFORMATIONテントや、会場内の回収ボックスで受け付けています。

 

>> 詳細はこちら
 

 

---
2020.11.18

ニュース